Folded Wings

1998年6月作曲。 当時参加していたロックバンド Crescent 向けに書いた曲です。

爽やかなメロディに全く救われない歌詞を載せ、自虐的なのに自己愛が強い屈折した世界観を意識して作りました。後にコテ系(白)のV系と呼ばれるバンドの楽曲にありそうな雰囲気です。

検索用キーワード
束ねられて広がらない翼 90年代J-POP

Share
ジャンル
ロック
曲の長さ
4:12
BPM・テンポ
185
とても速い
拍子
4/4
調性・スケール
C♯m
作曲
草薙 考司
編曲
草薙 考司
制作年
1998年
リリース日
1998年8月31日
使用機材
YAMAHA MU90

ダウンロード

ファイルをダウンロードされた時点で、当サイトのご利用規約にご了承いただけたものといたします。

ダウンロード数: 41
MIDI
リリース時期の古いゲームシステムなどで、MIDI形式のBGMデータが必要な場合にご利用ください。
ZIP
全てのファイル形式をまとめてダウンロードしたい方向けの圧縮ファイルです。

その他

歌詞

Folded Wings

また誰かの足につまづいて血を流す
空ばかり眺めて折れた翼で翔ぶつもりだから

足首に絡み付く 過ぎ行く時間の重み
ふと見た手の平切り刻む「現実」の2文字

きっと僕は届かない憧れを
抱いたまま死んでゆく
出会えば幸せになれたはずの人とも
巡り合わぬまま

背中突き飛ばされ手をついて血を吐いた
再び立ち上がる
けれども明日の影は見えない

足元にしがみつく 崩れた過去の欠片
走り去る姿追いかける
殺された未来

きっと僕はやるせない気持ちだけ
抱いたまま死んでゆく
時間の牢獄の片隅にさえ
何も残さぬまま

首筋に当てられた 嘘と過信の刃
手に力を込めるたびに遠ざかる意識

きっと誰も限りない空しさを
抱いたまま生きている
忘れた数々の欠片たちの重みに
気付いた今