畸形樹

1999年8月、当時参加していたロックバンド Crescent 向けに書いたプログレッシブロック的な曲です。

バンドの末期にメンバーチェンジが続き、新しい方向性を模索していた時期のもので、切ない・悲しい歌が多かったこのバンドとしては珍しく、グロテスクな歌詞と激しいリフワークが特徴です。

検索用キーワード
畸形樹の森 闇の息吹 奇形 プログレ 90年代ヘヴィロック 魔性

Share
ジャンル
ロック
曲の長さ
5:02
拍子
3/4, 4/4, 5/4, 6/4
調性・スケール
Am, Dm
作曲
草薙 考司
編曲
草薙 考司
制作年
1999年
リリース日
1999年12月23日
使用機材
YAMAHA MU90

ダウンロード

ファイルをダウンロードされた時点で、当サイトのご利用規約にご了承いただけたものといたします。

ダウンロード数: 41
MIDI
リリース時期の古いゲームシステムなどで、MIDI形式のBGMデータが必要な場合にご利用ください。
ZIP
全てのファイル形式をまとめてダウンロードしたい方向けの圧縮ファイルです。

その他

歌詞

畸形樹

この畸形樹の森でか弱いひこ生えを折った
ご覧
ねじれた枝が糸を引く樹液を垂らす
柔く凹む濡れた大地

苔むす暗い森で何かを踏みつけて見ると未だ温かい肉
かつては息してた骸
しじま照らす燐の炎

音もたてず古木が腐ってゆく
目を閉じても時計は止められない

もう幼い夢路の抜け殻
遠く消えた
今はもう何もない

この畸形樹の森で一番高い木の幹に
当てた耳に聞こえる数々のうめきはきっと
ぬめり帯びた闇の息吹

この身体を次第に侵してゆく
目を開けても痛みは消せはしない

もう触手が骨まで届いた
硬直する手足は動かない

根と朽木が幾重に絡んでゆく
踏み抜いても何処にも行き場はない

もう空ろな命の灯火
凍りついた
今はもう
何も
ない